【9月3日まで】エックスサーバー新規申し込みでドメイン無料&初期費用無料キャンペーン実施中!

ワードプレスブログにツイッターの投稿を埋め込み表示して引用する方法

便利ツール
スポンサーリンク

ワードプレスブログの記事にツイッターの投稿を埋め込み表示する方法をお伝えします。

 

記事にツイッターの投稿を埋め込むメリット著作権フリーで情報や画像を引用できることです。

たとえば、、、

  • 記事のボリュームが足りない時や、補足説明したいけど自分ではなかなか良い表現が浮かんでこない時に手っ取り早く引用できる。
  • イベントや観光地の情報を書いていて画像が見つからない時に利用できる。
  • 速報ニュースなどの新鮮な関連情報をブログに組み込むことができる。

 

ツイッターの埋め込みは以下のように表示されます。

(「私が言っても説得力ないな」という内容でもトップアフィリエイターのクロネコ屋さんの言葉を借りると納得しちゃいますね。)

ツイッターのアカウントを持っていない方はこの機会に作っておきましょう。投稿の埋め込みだけでなく、先輩ブロガー・アフィリエイターが情報発信してくれるのでブログ運営のヒントをたくさん得ることができます。

ツイッターの投稿をブログに埋め込む手順

①記事に埋め込みたいツイッター投稿を探す。トップページの「キーワード検索」に探したい投稿のキーワードを入力します。

 

②例として「羽田空港 ラウンジ」で検索してみました。関連する投稿が表示されます。ブログに埋め込みたい投稿を決めて赤丸で囲んだ部分をクリックします。

 

③「ツイートをサイトに埋め込む」をクリックします。

 

④表示されたコードをコピーします。(画像を含めたくない場合は「メディアを含める」のチェックをはずしてください)

 

⑤ワードプレスの投稿ページを「テキストモード」にして、コピーしたコードを張り付けます。

 

⑥ビジュアルモードで確認するとこんな感じに表示されています。

 

⑦投稿画面右上の「プレビュー」をクリックすると表示を確認できます。

 

⑧プレビュー画面にツイッターの投稿が表示されていれば完成です。

まとめ

ツイッターの埋め込みは人の言葉や画像をお借りしたい時にとても便利な機能です。簡単にできますのでぜひ利用してみてくださいね。

 

ブログ用のツイッターを開設しておけば、ブログの更新をお知らせしたり、日常のつぶやきをツイートしたり、フォロワーさんたちとコミュニケーションをとることができます。

 

また、自分のツイートで反応が高かった投稿をブログに埋め込んで、深堀していく記事を書くことで、さらにブログにアクセスを集めることが期待できますね。

 

情報収集にもとても便利なのでブログ運営に余裕ができたらツイッターの運用も検討してみましょう。