【11月16日まで】エックスサーバー新規申し込みでドメイン無料&月額料最大50%OFFキャンペーン実施中!

削除されてしまう前に! アナリティクスのデータ保持の設定は必須

便利ツール
スポンサーリンク

ブログ・サイトの運営者がアクセス解析をする「グーグルアナリティクス」

 

一度設置するだけで運営に役立つ様々なデータ(PVやユーザー数、流入元など)を知ることができるとても便利な無料ツール。

 

グーグルアナリティクスは「データ保持」の設定をしないと、デフォルトの26か月間しかデータを保存できないので、年単位で分析ができなくなってしまうんです。

 

アクセス解析だけじゃなく「成長の証」を確認したい!という意味合いもあるアナリティクスのデータは必ず全期間保存しておきたいもの。

 

今回は1分で完了するグーグルアナリティクスの「データ保持」の設定方法についてお伝えします。

 

26か月なんてまだまだ先、、、と考えているそこのあなた!あっという間に2年なんてたっちゃいますからね。すぐに完了する設定なので今やっておきましょう。

グーグルアナリティクスのデータ保持の設定方法

①アナリティクスの管理画面の左側のメニューから歯車のマークをクリックします。

 

②「トラッキング情報」をクリックします。

 

③「データ保持」をクリックします。

 

④「26か月」をクリックします。(このままだと26か月後にデータが削除されてしまいます)

 

⑤「自動的に期限切れにならない」を選択します。

 

⑥保存をクリックします。

 

⑦画面上に「完了しました」とメッセージが表示されたら設定完了です。

まとめ

グーグルアナリティクスはヨーロッパの「一般データ保護規則」(データ保護法)に準拠するために、データ保持期間をユーザー自身で決めることができるようになり、初期設定が26か月なんです。

 

なので、私たちでデフォルトの設定を変更しないといつの間にかデータが削除されてしまうんですね。

 

アナリティクスのデータはブログの成長記録です。必ず上記の設定をして2年後に「2年前のブログのアクセス解析」を眺める楽しみをとっておきましょう。