【11月5日まで】エックスサーバー新規申し込みでドメイン無料&月額料20%OFFキャンペーン実施中!

ブログ記事の3つの種類「集客用」「収益化用」「ブランディング用」

ライティング
スポンサーリンク

ブログの運営方針によって異なりますが、収益化を目指す個人ブログの記事は大きくわけて3つの種類があります。

 

  • 検索エンジンから訪問者を集める「集客用記事」
  • 自分を知ってもらう「ブランディング記事」
  • 収益を上げる「マネタイズ用記事」

 

さるお
さるお

収益化のためにうまい具合に3つの種類の記事が混在するブログを作る、ってことだね!

 

1つ1つの記事の特徴と、どのような割合で3種類の記事を作成するのがちょうどいいかをお伝えします。

ブログ記事の3つの種類と特徴

集客用記事

検索エンジン(Google、Yahoo)からあなたのブログに訪問者を集めるための記事です。

 

検索需要があるネタで、きっちりキーワード選定、タイトル設定をしてアクセスを呼び込む用ですね。

 

集客用記事をすっとばして、稼ぐための収益化記事や自分を知ってもらうブランディング記事を書いたところでアクセスってこないんですよ。

 

ブログ開設当初はまずはブログに人を呼び込むための「お役立ち記事」をどんどん投稿していくことが大切です。

ブランディング用記事

ブランディング用記事とは執筆者のあなたをブランド化し、発信内容の価値を高めるための記事です。

 

つまり、あなたが「何者か」を読者さんに伝えることですね。

 

たとえば、

  • どんな経歴でどんな体験をしてきたか
  • どんな考え方か・何を思っているか
  • 今までの失敗談や成功体験

 

ブログを開設して最初に作成するブランディング用記事は「プロフィール」です。

 

集客用記事を読んで、その情報に満足した方、「どんな人が書いているんだろう」と興味・関心を持った方がプロフィールをチェックするので早めにプロフィールは設定しておきましょう。

 

読者さんは最初は情報が欲しいからブログに訪れますが、執筆者であるあなたのファンになったら「あなたの意見や考え方」に興味を持ってくれるんです。

マネタイズ用記事

記事の中で商品やサービスを紹介し、アフィリエイト報酬を得る記事です。

 

商品やサービスのレビュー(感想)をあなたの視点で正直に書き、読者さんにお伝えし、販売ページをクリックしてもらうセールスライティングのスキルが必要になります。

 

アクセス数、記事数が少ないうちは収益化よりも、「いかに読者さんを楽しませるか?」「役に立つ情報を提供するか?」に集中しましょう。

 

アフィリエイトで稼ぐためにはまずは、読者さんに「このブログは信頼できるな」と思ってもらえることが先決です。

3つの種類の記事の割合

集客用、ブランディング用、マネタイズ用、各記事はどんな割合で投稿していけばいいのでしょうか。

 

個人の考え方によりますが、ここでは私が運営している雑記ブログの例を出して説明しますね。

 

私の場合は、

  • 集客用記事:8割
  • マネタイズ用記事:1割
  • ブランディング用記事:1割

 

まず、ブログの存在を知ってもらい、訪問してもらわないことにはマネタイズもブランディングもできません。

 

集客用記事でがんがんアクセスを集め、読者さんが関連記事や人気記事を読んでいただけるようブログ内を回遊できる設定をしました。

 

マネタイズ用記事に関しては、ほぼすべての記事にグーグルアドセンスの広告は貼ってありますが、ASPアフィリエイトの案件を取り扱う頻度はかなり低いです。

 

ブログ収益化の仕組みを作る5つの方法 初心者さんにおすすめはどれだ!?
ブログでお小遣い稼ぎができればいいなぁ、そんな目標を持ってあなたもブログを開設されたことかと思います。 私も「おうちから出ないでお金を稼げるなんて最高じゃないか!」とブログ収益化の仕組みを知ったときは、ワクワクが止まりませんで...

 

ブログにアクセスするたびに毎回毎回なにかしらの商品を紹介している「稼ぎたい」が全面にでているブログって読者さんは離れていくと思うんですよね。

 

話の流れで「ここから買えれば読者さんは便利だろうな」というタイミングで楽天・アマゾンのアフィリエイトリンクを貼ることはあります。

 

あまりガツガツした雰囲気にならないようにするのが大切かと。

 

 

ブランディング記事は「あなたの人となり」を表す記事で「オピニオン記事」とも呼ばれます。

 

特定の情報を収集するために訪問した読者さんはあなたに対してはまったく興味はないので、開設当初は「プロフィール」だけでOKです。

 

アクセスがぽつぽつ集まり始める3か月後以降にブランディング記事を増やしていけば大丈夫です。

まとめ

集客用記事がマネタイズを兼ねることもありますし、ブランディング用が集客を兼ねることもあります。

 

なので、きっちりとした線引きは難しいのですが、あなたのブログ運営のスタイルに合わせてミックスしながら書いていってくださいね。

 

まずはアクセスを集めるために検索エンジンに上位表示できる記事をたくさん作成しつつ、同時進行で収益化とブランディングの戦略を練っていきましょう。