【4月30日まで】エックスサーバー新規お申込みでドメイン無料キャンペーン実施中!

ワードプレスブログのサイトマップの作り方【PS Auto Sitemap】

ワードプレス
スポンサーリンク

ワードプレスブログにサイトマップを作る手順をお伝えします。

 

サイトマップとは、こんな感じのブログ内の全記事の一覧。読者さんがどんな記事やカテゴリーがあるかな?と訪れる場所ですね。

 

サイトマップがあることで、読者さんがブログ内を回遊しやすくなるというメリットがあるので、必ずフッターもしくはグローバルナビに設置しておきましょう。

 

このブログでは以下のようにフッターに設置しています。

 

なつこ
なつこ

じゃ、プラグインを使ってサイトマップを作ってフッターに設置するまでの手順を図解入りで説明するよ。

プラグインPS Auto Sitemapを使ったサイトマップ作り方

さるお
さるお

サイトマップを作る手順は5ステップ。画像を確認しながら作業すれば大丈夫!

STEP1:固定ページにサイトマップ用のページを作成します

①左側のメニューから「固定ページ」→「新規追加」を選択します。

 

②タイトルとパーマリンクを入力したら右上の「公開」ボタンをクリックします。※この時点では本文には何も書かなくて大丈夫です。

 

さるお
さるお

「パーマリンク」についてはこちらの記事で復習できるよ。

 

なつこ
なつこ

ここからちょっと気を付けて作業してね。サイトマップに必要な「記事ID」をチェックするよ。

 

③固定ページ一覧の「サイトマップ」にカーソルを合わせます。(マウスの矢印を「サイトマップ」の文字の上に乗っける)

 

すると画面下にサイトマップのアドレスが出てきます。このアドレス内の「post=●●」の数字の部分が記事IDになります。(この画像では24。あなたの記事IDは違う数字になってるかも)

 

記事IDはサイトマップを出力するプラグインの設定に必要です。どこかにメモして、次のステップに進みましょう。

STEP2:プラグインPS Auto Sitemapをインストールします

①左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

②右上の検索窓に「PS auto sitemap」と入力しプラグインを検索します。

 

③PS Auto Sitemapが表示されたら「今すぐインストール」⇒「有効化」します。

STEP3:プラグイン「PS Auto Sitemap」の設定をします

①メニュから「設定」⇒「PS Auto Sitemap」をクリックします。

 

②サイトマップの設定をします。こだわりがなければ以下の画像のようにチェックを入れてください。

ホームページの出力

ブログタイトルを表示させトップページにリンクさせるかの設定です。

 

投稿リストの出力

投稿記事のリンクを表示させるかの設定。必ずチェックを入れてください。

 

固定ページリストの出力

固定ページのリンクを表示させるかの設定。チェックを入れても外してもどちらでもOK

 

サイトマップを表示する記事

【重要】STEP1で作成したサイトマップ用の記事の記事IDを入力します。

 

出力階層制限

「制限なし」に設定しておけばサブカテゴリーも表示します。

 

先に出力するリスト

サイトマップ上に投稿ページと固定ページ、どちらを先に表示させるかの設定です。

 

カテゴリーと投稿の表示

「同一マップ内」に設定するとカテゴリー名と投稿記事が同じマップ内に表示できます。

 

③サイトマップから除外したいカテゴリ、記事がある場合のみ入力します。※「スタイルの変更」からサイトマップの見た目を変更することができます。

 

⑤保存をすると、サイトマップを表示させるためのコードが表示されるのでコピーしてください。

STEP4:サイトマップ用の固定ページにコードを貼る

固定ページに作ったサイトマップのページを開き、「テキストモード」にします。

STEP3でコピーしたサイトマップのコードを貼り付けて「更新」ボタンをクリックします。

STEP5:サイトマップ用の固定ページをフッターに設置する

固定ページに作成したコンテンツはどこかに「固定」しなければ表示されません。ここではサイトマップは画面下のフッターに設置してみましょう。

 

まとめ

画面の一番下のフッターに設置するコンテンツはあなたのブログ運営のスタイルにもよりますが一般的には、

  • プライバシーポリシー・運営者情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

この3つ。(プロフィールをのせる方も多いですね)

 

この記事ではサイトマップの作り方について説明しました。「プライバシーポリシー・運営者情報」「お問い合わせフォーム」をまだ作っていない方は以下の記事をご参照ください。