【11月5日まで】エックスサーバー新規申し込みでドメイン無料&月額料20%OFFキャンペーン実施中!

負け戦には挑むな! ブログネタ決定前のライバルチェックの方法

アクセスアップ・SEO
スポンサーリンク

ブログを書く事前準備「ライバルチェック」にお伝えします。

 

キーワード選定をして魅力的なタイトルをつけて、素晴らしい内容で記事を完成できたとしても、強いライバルが検索上位にうじゃうじゃいたら、あなたの記事はだれにも読まれません。

 

 

アクセスアップの戦略として、「強いライバルを避けて、弱いライバルと戦う」が個人ブロガーには必要不可欠。

 

 

今回はあなたの記事を上位表示させるためのライバルチェックの方法・強いサイト・弱いサイトの見極め方を紹介します。

 

ライバルチェック①挑んではいけない「強いサイト」の見分け方

では、例を出しながら「勝負を挑んではいけない強いサイト」についてお伝えします。

 

それはズバリ「企業サイト」「専門サイト」です。

 

 

たとえば、あなたがお料理が得意で「家族に人気のオムライスレシピ」をブログで紹介したかったとしても、「オムライス レシピ 人気」で検索してみると、この通り企業サイトばかり。

 

 

オムライスのレシピについて記事を書いてもクックパッドやオレンジページを蹴散らしてあなたのブログが上位表示されるのはほぼ不可能です。

 

 

「海外旅行 ツアー 格安」の複合キーワードでも大手旅行会社が検索上位を占領しています。

 

 

また「医療系」も避けなければならないネタの1つ。個人ブロガーが勝負を挑んでも専門サイトにはかないません。

 

検索上位(1位~5位)を以下のライバルの強いサイトが占領していたら、迷わず撤退しましょう。勝負を挑んでも勝てません!

ライバルが強いと判断できるサイト

  • 企業サイト(公式サイトやニュースサイトなど)
  • 専門家が作成しているサイト(医療系、健康系、美容系、金融系など)
  • 巨大掲示板(5チャンネルなど)
  • まとめサイト(Naverまとめなど)
  • 運営歴が長いサイト

 

企業はがっちがちのSEO対策を施していますし、ドメインエイジ(ドメインの年齢が高いほど上位表示しやすい)も強力です。

 

個人ブロガーの私たちが戦って勝てる相手ではありません。

 

 

なつこ
なつこ

勝てない(上位表示できない)ネタで記事を書いても誰にも読まれない、、、ってことになっちゃいます。ライバルチェックして「無理!」と分かった時点で、別のキーワードを探しましょう。

ライバルチェック②「ライバルが弱い」と判断するケース

では、逆に「ライバルが弱いからがんがん記事を書いていこう」と判断できるケースを説明します。

 

 

「羽田空港 シャワー 子供」というキーワードで記事を作成しているブログすべて個人ブロガーの記事ですね。同じ土俵に立っている私たちは勝てる可能性大です。

 

 

「職場 義理チョコ 迷惑」ではどうでしょうか?Q&Aサイト(発言小町、Yahoo知恵袋)と個人ブログが上位にあがっています。これも「イケる!」キーワードとして判断してOkです。

 

 

「国際結婚 失敗」ではアメブロが1位2位、さらにQ&Aサイト、個人ブログが上位表示されています。無料ブログが上位表示されているキーワードは「迷わずGO!」です。

ライバルが弱いと判断できるサイト

  • 無料ブログ(アメブロ、FC2、ライブドア、シーサーなど)
  • 個人運営の雑記ブログ
  • Q&Aサイト(Yahoo知恵袋、発言小町、教えてGooなど)

まとめ:記事を書く前に必ずライバルチェックを!

キーワードを決めて、記事を作成する前にライバルチェックは必須です。面倒くさがらずにキーワードを実際に検索してみると、「書くべきネタか?」「撤退すべきネタか?」が一目瞭然です。

 

 

強豪ライバルが検索1ページを占領しているキーワードは避けておかないと、一生懸命書いた記事が誰にも読まれない事態が起きてしまいます。

 

 

そして、ライバルチェックの時に1位~5位のブログ・サイトをの記事の内容をざーっと確認すると、「どういったことを書けば上位表示できるか?」がわかりますよね。

 

 

検索サイトで1ページ目に躍り出るためには「上位表示されている記事より良質なコンテンツを作ること」

 

 

勝てる土俵で全力を尽くし検索上位を目指しましょう!